早起きせっかくグルメは「せっかくにんにくグルメ」2022/8/28

バナナマンの早起きせっかくグルメは、日曜の朝6時から6時45分までやっているグルメ番組です。夜やっているバナナマンのせっかくグルメより認知度はちょっと低いかもしれませんが、面白いグルメ企画が満載です。

2020年8月27日の放送のメインは、夏の今が旬の「せっかくにんにくグルメ」でした。
早速行ってみましょう。

広告

せっかくにんにくグルメは、各地のにんにくを使ったグルメ3種

今回のせっかくにんにくグルメは、各地のにんにく農家さんが作っているにんにくとそれを使ったグルメの紹介です。

青森県田子町のたっこにんにくとそれを使ったカレー

最初に紹介されたにんにくとグルメは、青森県田子(たっこ)町のたっこにんにくとそれを使った「たっこにんにく」のカレーでした。

たっこにんにくは、冬寒さの厳しい青森で育つため、糖分を蓄え甘味があるにんにくとなっています。従って、じゃがいもの代わりにたっこにんにくを使ってカレーを作ることができます。

香川県琴平町のこんぴらにんにくとそれを使った焼うどん

次に紹介されたにんにくとグルメは、香川県琴平町のこんぴらにんにくとそれを使った「こんぴらにんにく」の焼きうどんです。

こんぴらにんにくは、にんにくとしてのパンチの効いたにおいと独特の辛みが特徴です。旬の今はそれが際立つそうです。

「こんぴらにんにく」の焼うどんは、パンチの効いた味になっているようで、そのまま食べると強烈なにんにくの味がするようですが、のっている半熟たまごと混ぜて食べると絶品になるそうです。

鹿児島県鹿屋市のジャンボにんにくとそれを使ったかき揚げ

最後に紹介されたにんにくとグルメは、鹿児島県鹿屋市のジャンボにんにくとそれを使った「ジャンボにんにく」のかき揚げです。

鹿屋市のジャンボにんにくは、大きさが一般的なにんにくの4倍もあります。また、におい成分のアルシンが少なく辛みも少ないのが特徴です。

「ジャンボにんにく」のかき揚げは、千切りにしたにんにくと三つ葉を少し入れたかき揚げです。ですので、バナナマンさんによればいくら匂いが少ないと言ってもほとんどがにんにくなので結構にんにくの味が来るようです。

暑い夏をにんにくパワーで乗り切りましょう。

せっかくフォトグルメ

今回は、せっかくフォトグルメもありました。

今回紹介されたのは沖縄県那覇市にある「ごとう」の地獄炊きでした。那覇市にあるのですが、長崎五島列島の名物、五島うどんの地獄だきを食べることができます。

投稿者さんは、沖縄の方なので普段は食べられない五島うどんを食べることができてよいということなのでしょうね。

食べログ:ごとう

コメント

タイトルとURLをコピーしました