マルマツの浜松餃子(生餃子):家で餃子(その11)

家で餃子(その11)は株式会社マルマツの浜松餃子(生餃子)(冷凍)です。OKストア599円です。

広告

マルマツの浜松餃子(生餃子)は冷凍食品

今回紹介する商品は、浜松餃子(生餃子)となっていますが、実際には冷凍食品コーナーから買ってきています。ですので、包装に要冷凍とあるように冷凍食品です。結構立派な袋に入っていますね。

お値段は、OKストアで599円でした。30個入りだそうですから1個当たりの価格は20円となります。

マルマツの餃子は、以前「家で餃子(その3):株式会社マルマツ 包み餃子」でチルド餃子を紹介したことがあります。これと比べてどうでしょうか?

早速、マルマツの浜松餃子(生餃子)を焼いてみる

早速、焼いてみましょう。包装材の裏面に「おいしいぎょうざの焼き方」が載っていますので、これになるべく従いました。とは言っても、普通の餃子の焼き方に近いと思います。ただ、冷凍なので少し長めに蒸す必要があると思います。後で入れるごま油は省略しました。

写真で分かるように、結構具がパンパンに入っているような形をしています。大きさは長手方向でほぼ7cmで普通の大きさの餃子と言えます。

マルマツの浜松餃子(生餃子)を実食

焼き上がりは、下の写真のようになり、いい感じです。早速、実食してみます。

焼き上がり
餃子の中身

食べた感じは、あっさりした肉より野菜感が強い餃子で軽く食べられる感じです。にんにくは全然きつくありません。皮も焼き面はパリッとしてますし、ひだ面は柔らかい中にも弾力はあります。

かなりうまいです。

家で餃子シリーズの前回紹介した「家で餃子(その10):大阪王将ジャンボニラ餃子(冷凍)」より個人的には好みです。大阪王将ブランドではジャンボニラ餃子がNo.1でしたので、そこより、こちらのマルマツの浜松餃子(生餃子)は個人評価では上ということになります。

特に、野菜の比率が高いせいか軽くて結構な数食べられると思いました。

そして、以前「家で餃子(その3):株式会社マルマツ 包み餃子」で紹介したチルド餃子より、明らかにうまいし、具もしっかりしています。変にしぼんだ感や皮がちょっと柔らかくなりすぎるということもありません。


マルマツの浜松餃子(生餃子)は、買いだな

このマルマツの浜松餃子(生餃子)は、個人的に今まで書いてきた「家で餃子」シリーズの中では「家で餃子(その6):大須のぎょうざ レギュラー(冷凍)」、「家で餃子(その7):大須のぎょうざ こいくち(冷凍)」に次ぐうまさです。

しかも餃子1個当たりのコストはこちらのほうが圧倒的に安いです。これは、リピート買いすると思います。気軽にお安く買えておいしかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました