広告

荒井祭里はかわいい!その筋肉とスタイルは何から作られるのか?

記事内に広告が含まれています。

荒井祭里(あらい まつり)選手は、パリオリンピック2024の女子10m高飛込の日本代表選手です。

荒井祭里は、顔もかわいいのですが、そのスタイルと筋肉も抜群です。

この記事では、荒井祭里の魅力について見ていきましょう。

スポンサーリンク

荒井祭里のかわいい画像

荒井祭里は、2001年1月18日生まれの23歳です。現在は、武庫川女子大学からJSS宝塚/佐賀県スポーツ協会SAGA SPORTS PYRAMID 所属になっています。

かわいいですよね!

スーツ姿もかわいいですが、彼女の身長は150cmしかなく非常に小柄です。体重も42kgしかありません。

荒井祭里のスタイルと筋肉

非常に可愛い彼女ですが、実際の競技での水着姿になるとそのスタイルの良さと筋肉に驚かされます。

飛込む姿を見ると滅茶苦茶かっこいいですよね。しかもスタイル抜群です。

飛込み種目は、やはり体は軽いほうが有利だそうです。

荒井祭里の練習と食事

この見出しの記事の部分は、ABCテレビのアスリートって何たべてんの!?を参考にしています。

荒井祭里のスタイルの良さと筋肉はどんな食事と練習で作られているのでしょうか?

食事はどんなのとってるの?

まず朝食ですが、パン派だそうで、まずスープから飲む、そして玉子は必ず食べる。

水やお茶は沢山飲むそうですが、ジュースなどの甘いものは本当は飲みたいけど飲まない。

カルシウムは、以前疲労骨折したことがあってから、骨の強化のために意識して取っているとのことです。

海鮮がすきでよく食べているようですが、食事の絶対量はそれほど多くはありません。むしろ、アスリートとしては少ない感じがします。

午後の練習がない時は、夕食は軽めで野菜とたんぱく質を取ることを心掛けているようです。

試合当日は、バナナ、ゼリーとおにぎりなどで調整しているとのことです。

トレーニングは?

練習は、アップと柔軟を30‐40分、体はものすごく柔らかいです。

陸でのイメージトレーニング40分、腹筋と脚の筋肉が重要。

実際のプールでの練習では、低い飛込み台から徐々に高さをあげていき、ぶれない練習や自分の姿勢のモニターによる確認などを行います。

10m高飛込を2時間で20本(6分に1本)というとんでもないトレーニングを行っていました。

コーチ曰く練習の鬼だそうです。

一方、オフシーズンは、筋トレメインになります。

高飛込は、軽くて筋肉が引締まっているのが大事ということで、このような食事とトレーニングであの筋肉とスタイルが維持されているのですね。

荒井祭里の経歴と実力

荒井祭里のプロフィールをきちんと見ておきましょう

  • 名前:荒井 祭里(あらい まつり)
  • 生年月日:2001年1月18日
  • 年齢:23歳 2024年7月現在
  • 身長:150cm
  • 体重:42kgくらい
  • 出身:兵庫県
  • 学歴:武庫川女子大学
  • 種目:高飛込選手

最近では、世界水泳ブダペスト2022で10m 高飛込で6位、10m シンクロ高飛込で4位、2023年の福岡で行われた世界選手権の女子10m高飛込で11位となり、パリオリンピックへの出場を決めました。

まとめ パリオリンピック2024での活躍に期待

今回は、パリオリンピック2024に女子10m高飛込選手として出場する荒井 祭里(あらい まつり)について、そのかわいさやスタイルの良さと筋肉について調べました。

パリオリンピック2024での活躍に期待しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました