広告

お城エキスポ2023横浜の出展内容は?事前予約券の入手方法も!

2023年も横浜パシフィコノースでお城エキスポ2023横浜が開催されるという案内がありました。

昨年も15000人が参加し盛況だったお城エキスポ横浜、今年はどんな内容で行われるのでしょうか?

また、昨年度同様、事前予約が必要なイベントもある可能性が高いです。

今回は、お城エキスポ2023横浜の出展内容と事前予約チケットの入手方法についても調査しましたので案内いたします。

この記事は、新たな情報が出た際は、情報を追加していく予定です。

お城エキスポ2023横浜の基本情報

まず最初に、お城エキスポ2023横浜の基本情報を見ておきましょう。

名称:お城EXPO 2023
会期:2023年12月16日(土)9:00~18:00(最終入城17:30)
   2023年12月16日(土)18:30~20:30(予定)
   〈サタデーナイトプログラム〉
   2023年12月17日(日)9:00~17:00(最終入城16:30)
会場:パシフィコ横浜ノース(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-2)ほか
主催:お城EXPO実行委員会(公益財団法人日本城郭協会、
城びと〈株式会社東北新社〉、株式会社ムラヤマ、パシフィコ横浜)

昨年は金曜日の夜に前夜祭が開かれたのですが、今年は〈サタデーナイトプログラム〉となっています。スペシャルコンサートや講演が行われるということなので、有料のプログラムです。

このお城EXPOでは、お城を有する自治体やお城グッズを販売する企業・団体が出展するほか、お城にまつわるさまざまな展示、スペシャリストによるトークショーや講演などを実施されます。

お城エキスポ2023横浜の出展内容が更新され明らかになりました!

2023年10月20日更新

お城エキスポ2023横浜の出展内容が更新され明らかになりました!

更新情報を見ていきましょう。

サタデーナイトプログラムの場所はパシフィコ横浜会議センター1F メインホール

まず大きなところとして、サタデーナイトプログラムの場所がパシフィコ横浜会議センター1F メインホールであることが発表されました。

ここは、約1000席を有するコンサートなども含め各種イベントが行われるところです。

サタデーナイトプログラムは、

  • 東京都交響楽団のメンバーによる歴史・武将ドラマの楽曲のスペシャルコンサート
  • 大河ドラマ『どうする家康』の時代考証を担当されている、歴史学者の平山優先生によるスペシャルレクチャー

という充実した内容になっていますので、競争率が高くなるのは確実です。

お値段は、前売り2700円、当日2900円ですが、当日券は無いと思っていたほうが良いでしょう。

チケットの前売り販売日は、他のチケット同様

10月27日(金)AM10:00からとなっています。

サタデーナイトプログラム券を売っているサイトは、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスとなっています。

各種入場券と厳選プログラム指定券はいくら?どこで買える?

各種入場券と厳選プログラム指定券の料金、発売情報も発表になりました。
前売りは、全て10月27日(金)AM10:00からです。

入城券(どちらか1日に入城できる)は、

大人 前売り 1700円 当日 2000円 

なので昨年と変わりません。

小・中学生 前売り 700円 当日 1000円

また特別な入場券として、

「お城EXPO 2023」オリジナル御城印帳付入城券 前売りのみでチケットぴあのみでの発売
オリジナル御城印帳は会場渡しです。また、オリジナル御城印帳自体は会場でも買えます。

オリジナルNFT御城印付入城券 前売りのみでローソンチケットのみでの発売
会期終了後(12月下旬予定)に、NFTローソンチケットよりNFT受取URL付きメールが送付され、
NFT受取及び、受け取ったNFTを表示する際にデジタルウォレットの接続が必要です。

厳選プログラム指定券 前売り券のみで、1講演につき1,300円です。厳選プログラムを見るためには入城券が必要です。

厳選プログラムの会場は昨年同様、アネックスホールの2会場で行われます。

興味のあるプログラムの指定券を買うようにしたいものですが、12月17日(日)本丸御殿会場のプログラムE 「城好き二人がお勧め、お城のここを見てほしい!」には、今年も春風亭昇太(お城好き落語家)が出演します。速攻で売切れると予想しますので行きたい方は、チケット大戦に負けないようにしましょう。

テーマ展示

テーマ展示は以下のものが行われると発表されました。

  • 城めぐり観光情報ゾーン
  • 城下町物販ブース
  • 企画展示「描かれた城・戦・侍」
  • 『信⾧の野望』シリーズ 40周年記念特別出展
  • 日本城郭協会大賞特別賞受賞記念 特別展示
  • 城の基礎知識
  • 城郭模型展
  • 日本100名城&続日本100名城パネル展
  • お城シアター
  • 小・中学生 城の自由研究コンテスト優秀作品展
  • お城EXPO 2023 フォトコンテスト
  • イベントステージ
  • ワークショップ&セミナー
  • EXPOサロン
  • ユニバーサルラウンジ

昨年とイベント名が重複しているものも多いですが、内容的には変わっているでしょうし(同じのもあるかな)、企画展示や城郭模型展、フォトコンテストなど新たなものもあるようですので、1日たっぷり遊べると思います。

詳細情報などこれから出てくるものもあると思うので、お城EXPOのTwitterをフォローしてしておきましょう。

以下は昨年の内容ですので、今回新情報が出たのであくまで参考となります。

お城エキスポ2023横浜の出展内容は(推定)?

管理人はお城エキスポ2022に実際に行きましたので、その感想もまえて案内できればと思います。

パシフィコ横浜ノースは、1Fに約6300m2の大きな展示ホールを持ち、2Fから4Fに大中小の多くの会議場を持つ施設です。これにより、多彩な展示が可能です。

パシフィコ横浜ノース1Fでの展示とイベント

2022年の展示では、1Fの展示ホールでは、

  • 城めぐり観光情報ゾーン
  • 城びとブース
  • 日本城郭協会ブース
  • 城下町物販ブース
  • 武者処詰所
  • ニッポン城めぐりブース
  • お城EXPOフォトスポット
  • イベントステージ
  • 公式お城グッズ売場
  • ❔インフォメーション

が開かれました。

❔インフォメーションにおいては、ワークショップ&セミナー/EXPOサロンの整理券配布やオリジナル御城印帳付き引換券 引換、国宝五城御城印引換整理券の配布が行われました。

入口を入ると武者処詰所にいる武者の方と記念写真を撮ることができます。今年もあるとよいですね。

武者の方が出迎えてくれる

そして1Fの展示の様子がこちらです。真ん中の通路で撮っているので、城めぐり観光情報ゾーンの部分はこんな感じと思っていただければいいです。

イベントステージでは、色々な武将隊のパフォーマンスやゼミナール、さらには、小中学生のお城に関する自由研究の表彰式などが行われました。

上の写真は、風魔忍者のアクション劇です。このような、武将隊などの演技は見ていてとても面白く、とても楽しめますが、全部見ているとそれだけで1日が終わってしまうので、他の展示が見られなくなってしまいます。

これらの展示とイベントは、2023でも当然あると予想します。

パシフィコ横浜ノース2Fでのイベント

2階には、お城EXPOに入る入城、退城口がありますが、2階にある会議室では、EXPOサロンという整理券なものも多い、各種プレゼンテーションが行われています。お城めぐりの楽しみ方とか、城好きNo1決定戦とかですね。

ちなみに2022の入場券と開催パンフレットはこんな感じでした。

整理券が必要なイベントは、今年もあると思います。

パシフィコ横浜ノース3Fでのイベント

3階には、2階よりも多くの会議室があります。

そこでは、

  • お城シアター
  • よみがえる中世城郭模型展
  • 日本100名城&続日本100名城パネル展
  • ユニバーサルラウンジ
  • 城の自由研究コンテストの優秀作品の展示
  • コーエーテクモの特別展示と信長の野望のゲーム紹介
  • 企画展示 城郭と技術
  • 長野 剛 武将イラスト原画展

が行われていました。

ここも、興味深い展示がいっぱいで、3Fもじっくり見て回れば1日が立ってしまいます。特に感心したのが「城の自由研究コンテストの優秀作品の展示」でいくらPCとネットが発達しているとはいえ、小中学生の研究でここまでできるのか!という作品が多かったです。

ここをちゃんと見るだけで、2,3時間はゆうにかかるでしょう。

2023もこのような展示は内容は違えど沢山行われると思いますし、自由研究は今年もあるでしょう。

パシフィコ横浜ノース4Fはワークショップとセミナー、それに弁当軽食販売所と休憩所

4Fには、ワークショップとセミナーを行う会議室とイベントステージがあります。

ワークショップである寄木細工でコースターを作るのは有料ですが、セミナーは整理券もいらず自由にうけることができます。いわゆる先生と呼ばれる人のセミナーになっています。

そして、4Fには、弁当軽食販売所と休憩所があります。買った弁当などは休憩所で食べることになるのですが、昼の時間はかなり混むので可能であれば時間をずらしましょう。

売り切れてしまう弁当軽食もあるので、前倒しの方が良いかもしれません。

今回は、横浜を代表する崎陽軒の炒飯弁当にしました。包紙がお城EXPO使用になっていますが、内容は変わりません。

個人的には、普通の焼売弁当の方が好きなんですが、これしかないので仕方ありません。

お弁当と軽食は今年も販売されるでしょうが、内容は違うかもしれません。でも、崎陽軒は今年も出るのではないかと思います。

アネックスホールでは厳選プログラムが開催

パシフィコ横浜ノースは、その外にアネックスホールがあります。ここで、事前予約の必要な厳選プログラムが実施されます。会場は2か所です。

2022年は10個のプログラムがありました。

人気のプログラムは速攻で売り切れになります。昨年は春風亭昇太さんが出たプログラムがそうでした。

今年もあるようですので、見たい方はチケットの発売を注視しておきましょう。

入場券、特典付き入場券、厳選プログラム、サタデーナイトプログラムはネットで発売される

昨年は、入場券、特典付き入場券、厳選プログラム、前夜祭イベントについては、ネットでの発売が行われています。

販売は2022年は10月中旬から始まりましたので、2023年ももうすぐ案内があると思います。2023年は前夜祭が無くなり、サタデーナイトプログラムが新たに行われます。こちらも事前チケット制になるでしょう。

入場券は当日でも普通に買えると思いますが、2022年の例で行くと前売り1700円、当日2000円ですので、事前に買ったほうがお得です。

お目当てのものがある方は、お城EXPOのTwitterをフォローして通知をもらうようにしておきましょう。

広告
イベント
スポンサーリンク
シェアする
ままちゃんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました