広告

ネッククーラー24℃と28℃はどっちがおすすめ?シーンによる選び方紹介!

記事内に広告が含まれています。

夏の暑さを快適に過ごすには、ネッククーラーは欠かせないアイテムですね。特に、室温が高い屋内や外出時に大活躍してくれます。
ネッククーラーには温度設定の違いがあり、24℃モデルと28℃モデルがあります。今回はそれぞれのおすすめポイントやシーンごとの使い分け方をご紹介します。

実際のシーンごとの使い分けは以下のようになります。

  • 屋外の炎天下で過ごす → 24℃モデル
  • オフィスや家庭など室内で使用 → 28℃モデル
  • 体調管理が心配 → 28℃モデル
  • 赤ちゃんや高齢者と一緒に使用 → 28℃モデル

その理由とおすめめ商品は、本文でご紹介します。

スポンサーリンク

24℃モデルのおすすめポイント

設定温度が24℃のモデルは、28℃のモデルより低い温度になるため以下のようなおすすめポイントがあります。

体感温度が約10℃下がるため、より涼しく感じられる

  • 外出先の炎天下でも、体温上昇を抑えて汗ばむ感じが和らぐ
  • 室内では冷房なしでも、快適な温度環境を維持できる
  • 暑さで体が重だるくなりがちな日も、全身すっきりとした感触が持続する

長時間の使用でも寒すぎず快適に過ごせる

  • 朝から夕方まで続く炎天下の中でも、体が冷えすぎることなく使い続けられる
  • 冷房が効きすぎる室内でも、適度な温度を保ち続けられる

暑さ対策として最適な温度設定

  • 体を強制的に冷やしすぎずに、ちょうどいい涼しさを持続できる
  • 汗をかきすぎず体調管理も楽に行えるため、長時間の外出にも対応可能
  • 熱中症のリスクを最小限に抑えながら、快適に過ごせる

24℃モデルなら、夏の過酷な暑さの中でも長時間使用できる優れた機能が備わっています。外出時や室内での暑さ対策に最適な温度設定と言えるでしょう。

24℃モデルおすすめ商品

24℃モデルのおすすめ商品を2つほどあげておきます。

-PR-

PR- Amazonで購入↓

AutoGo クールネックリング ネッククーラー 【日本製・24℃で自然凍結・宇宙飛行士基準のPCM物質】 アイスネックリング ネックリング 【Lサイズ 首周り40CM】首ひんやり 首を冷やす 冷却グッズ 熱中症 暑さ対策 大人 子供

28℃モデルのおすすめポイント

28℃モデルは、あまり強力には冷えないため以下のようなおすすめポイントがあります。

24℃よりも温度設定が高めなので、寒さが苦手な人にピッタリ

  • 冷房の効いた部屋での使用でも、体が冷えすぎることがない
  • 夜寝る際に使用しても、寒さで目が覚めることがない
  • 高齢者や体が冷えやすい人でも、快適に使え続けられる

体調管理に気をつける必要が少ない

  • 強い冷えによる体調の変化を気にする必要がない
  • 長時間の使用でも体が冷えすぎることがなく、安心して利用できる
  • 赤ちゃんや体の弱い人と一緒に使っても問題がない

長時間の使用でも疲れにくい

  • 冷えすぎないため、体への負担が少ない
  • 1日中着用していても、徐々に慣れていき快適に過ごせる
  • オフィスや家庭での長時間使用にもよく対応できる

28℃モデルは体の冷えが気になる人や、寒さに弱い人にピッタリのネッククーラーです。体調管理を気にすることなく、長時間快適に使え続けられるのが大きなメリットと言えるでしょう。

ネッククーラーのシーンによる使い分け

ネッククーラーは、シーンや体質などによって使い分けてることが、賢い使い方になります。

屋外の炎天下で過ごす場合 → 24℃モデル

強烈な日差しや高温多湿な環境下では、体が熱を持ちやすくなる
24℃モデルなら体感温度が約10℃下がるため、大幅に冷却効果が得られる
汗をかきすぎることなく、長時間の外出も快適に過ごせる

オフィスや家庭など室内で使用する場合 → 28℃モデル

冷房が効いた室内では、24℃モデルだと体が冷えすぎやすい
28℃モデルなら適度な冷却で寒さを感じにくく、長時間の使用も可能
室内で過ごす際は28℃モデルが体への負担が少なく、快適に過ごせる

体調管理が心配な場合 → 28℃モデル

体が冷えやすい高齢者や体調の心配がある人には28℃モデルが適している
24℃モデルだと強制的に体を冷やしすぎ、体調を崩す恐れがある
28℃モデルなら体調管理を気にせず、安心して使え続けられる

赤ちゃんや高齢者と一緒に使用する場合 → 28℃モデル

デリケートな体質の赤ちゃんや高齢者には、強い冷却は避けるべき
28℃モデルなら、適度な冷却で体を冷やし過ぎることがない
家族みんなで快適に過ごせ、安全性も高い
このように、シーンに合わせて24℃モデルと28℃モデルを使い分けることをおすすめします。状況に応じて最適なネッククーラーを選んでみてください。

28℃モデルおすすめ商品

28℃モデルのおすすめ商品を2つほどあげておきます。

-PR-

PR- Amazonで購入↓

[Hiyear] アイスネックリング クールネックリング 28℃ 首掛け 首 冷却 自然凍結 冷感 ひんやり 冷却チューブ 繰り返し使用可能 熱中症対策 暑さ対策 通勤 通学 スポーツ観戦 アウトドア 花火大会 お祭り 登山 男女兼用 (ホワイト)

まとめ

自身の体質やその場のシーンに合わせて、24℃モデルと28℃モデルのどちらを選ぶかを検討することが大切です。

両方のモデルを用意しておき場合場合によって使い分けましょう。

快適な夏を過ごせるよう、ネッククーラーを上手に活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました